タグ別アーカイブ: 塾、高崎、群馬県、個別指導

今からきても大丈夫

学生の皆さん、今週からぼちぼちと授業が始まりましたね!

 

学校が始まる前はなんとかなると思っていたけど、テストを受けてみてあれってなった人

 

いませんか!?

 

いまからでもステップは体験できます!相談できます!入塾できます!

 

今年度の良し悪しを決めるのは、1学期の出来です。

 

不安を感じた生徒はお近くのステップへ!

 

 

ご連絡お待ちしています!

 

貝沢 青木

 

まだ間に合う

こんにちは!

ブログの更新が滞っていてすみません……。

春期講習会、明後日から始まります!

 

ですが………

 

 

まだお申込み間に合いますよ!

 

 

なぜならステップは完全個別授業だから!

 

時間も日にちも選べます!

 

まだ空きがある時間がございます。

 

家で一人じゃ勉強できない人、もっと高みを目指したい人、こっそり成績を伸ばしたい人……

 

 

ステップに来てください!!

 

 

後悔させません、一緒に学んでいこう!

 

きっと1学期から前より勉強が好きになれます。

 

 

まずは無料のコマから参加をお待ちしています!

 

貝沢 青木

おかわりいただけるだろうか

期末テストも佳境を迎えています!

塾は大忙し、生徒も本気の本気で取り組んでおります!

明日は早朝オープンルーム!!

学校行く前にテスト対策の勉強をしよう!

 

 

各校舎それぞれ、授業以外にも様々なテスト対策や入試対策などをそろえております!

 

 

本日は、生徒からの課題の「おねだり」が多かったです!

しかし、テストの点数も一日で急激に伸びるわけではありません。

じっくり時間をかけたものが結果へとつながるものなのです。

 

一緒に勉強しよう!

待ってます!!

貝沢 青木

 

分かれ道

この季節になると、どの中学校も中3生の進路面談があります。

 

ここで初めて、進路を明確に意識する生徒さんが多いように思います。

 

 

 

ここからは、誰かと一緒ではなく、自分の道をそれぞれ行くのだと。

 

 

 

中学3年生の生徒の皆さん、目に見えて熱が入ってきました。

 

 

私も指導にもっともっと熱も入りますし、プレッシャーも感じます。

 

 

そして最高に楽しくも感じます。

 

 

真剣に何かに打ち込む生徒の力になれる……最高の場です!!

 

 

真剣に勉強に取り組める、そんな環境が待っています!

 

 

ステップへ遊びに来てねっ!

 

 

 

貝沢校 青木

もうすぐ夏期講習

中体連が終わりました。

 

 

まだ、中3生の全員が全員部活を引退したわけではありませんが、今日から塾の雰囲気も変わったように思いました。

 

 

何かが終わると、別の何かが始まります。

 

 

これから中3生は、特にあついあつい夏が始まります。

 

 

乗り遅れたら、二度とチャンスは返ってきません。

 

 

新規生もまだ、募集しております。

 

 

ここから伸びたい人、ぜひに訪ねてきてください。

 

 

 

貝沢 青木

ツァラストゥラもこう言っている

ほとんどの学校で期末テストが終わり、または終わろうとしています。

 

 

よくできたという生徒も、そうでもないという生徒もいます。

 

 

私が、いつも思うことは、よくできたにしろ、そうでないにしろ、その結果に自分は、果たして納得しているのかーーできるのかーー、ということについて考えてほしい、ということです。

 

 

 

テストですので、対他者(他の人と比べてどのくらい自分はできたのか)であることは、どうしようのないことです。

 

 

ですが、その結果については、基本的には、責任は当人にあるはずです。

 

 

いくら塾の先生が頑張っても、本人の代わりにテストを受けることは叶いません。

 

 

 

点数が、芳しくなくてもやり直しはできません。

 

 

受け終わって、結果が返ってきたら、いやでも現実を突きつけられます。

 

 

その時に、その結果を見て、自分がどうすればよいのか、を考えてほしいのです。

 

 

 

 

同じ点数を取った生徒でも、喜んでいる生徒もいれば、落ち込んでいる生徒もいます。

 

 

悔しんでいる生徒もいれば、中には結果をよく覚えていない生徒だっています。

 

 

私も塾の講師の端くれですので、それぞれの結果に関して思うことはあります。

 

 

でも、私が点数よりも気にしているのは、生徒自身がその結果についてどう思っているのか、次を見据えることができている、または、見据えようとしているかどうかです。

 

 

同じテストは、二度と受けられません。

 

 

結果が良くないと、不貞腐れていても、目を背けていても変化は起こりません。

 

 

良い結果であったなら、次も良い結果にたどり着くように頑張っていく。

 

 

今回の結果を受け入れて、次に向かってどうするのか、一緒に考える時間があります。

 

 

その考える時間を共有することができる、それが講師としての喜びの一つだと思います。

 

 

テストの良し悪しも大切ですが、さらにその先を見据えられるように、またどんな結果でも、次に向かう原動力にできるように、前向きな学びを提供したいと思っております。

 

 

 

どんな結果でも受け入れて、次に向かって前に(上に)進んで行けたら良いな、と思います。

貝沢 青木